ヨーグルト,乳酸菌,お通じ

ヨーグルトを食べてもお通じが良くならない|乳酸菌が腸に届いていない

ヨーグルトには善玉菌の1つ乳酸菌がたくさん含まれて
いるので、便秘解消のために食べている人も多いと思い
ます。腸の中に善玉菌が増えると、腸の動きが活発に
なるので、排便がスムーズになります。

 

 

しかし、ヨーグルトを毎日食べているのに、お通じが
良くならないという人もいます。ヨーグルトに含まれて
いる乳酸菌は、ほとんどが胃酸で死滅してしまい、腸に
届かない可能性が高いです。もし、腸に届いたとしても
腸は異物と判断し排泄してしまいます。

 

 

外から取った善玉菌(乳酸菌)は腸の中に住み着く可能性
はかなり低いです。しかし、胃酸で死んでしまった
乳酸菌の死骸でも、腸に送り続けると、腸内の善玉菌は
元気になります。もちろん、食べるのをやめてしまえば、
効果は無くなってしまいます。

 

 

このように、ヨーグルトを取れば便秘が改善するとは
限りません。体質によっては効果が出る人もいれば、
逆に悪化してしまう人もいます。

 

 

大腸内の善玉菌を増やすには、身体の外から善玉菌を
取り入れるよりも、腸内に住んでいる善玉菌を元気に
するほうが効率が良いです。すでに腸内に住んでいる
善玉菌なので、排泄されることもありません。

 

 

腸内に住んでいる善玉菌を元気にするのは、オリゴ糖
です。善玉菌の1つビフィズス菌はオリゴ糖が大好物。
オリゴ糖が腸内に届くと、ビフィズス菌は活発に動き、
数が多くなります。

 

 

オリゴ糖は他の糖と違い、胃腸で消化吸収されにくい
ので、しっかり大腸に届きます。ただし、食べ物に
含まれている量はほんのわずかなので、十分な量を
取るのは難しいです。

 

 

そこで便利なのがカイテキオリゴです。北海道産の
てん菜という野菜に含まれるオリゴ糖を抽出して
製品化したものです。