アローゼン,頑固な便秘,副作用

頑固な便秘を解消するアローゼン|依存性があるので使いすぎに注意

アローゼンは、センナを原料として作られた下剤です。
動きが鈍ってしまった大腸を刺激することで、排便を
促します。頑固な便秘の人に向いている下剤です。

 

 

効果が出るのは服用後8〜12時間後とされています。
ただし、この時間は目安であって、体質や服用時に飲む
水の量によっても異なります。

 

 

副作用はあまりない薬ですが、服用する量が多いと腹痛
が起こりやすく、吐き気が出てしまうこともあります。

 

 

アローゼンのような大腸を刺激する下剤は、長期間服用
していると体が慣れてしまい、効果が出にくくなります。
効果が出にくくなると、服用する量を増やしてしまいがち。
服用量が増えると、自然な排便ができなくなり、薬が
無いと排便できない下剤依存症になってしまうので注意
してください。

 

 

あくまでも下剤は、溜まった便を排泄するもので、便秘
を治すものではありません。下剤を服用しながら、必ず
生活習慣の見直しを行い、便秘を改善させる努力をして
ください。

 

 

便秘を改善する生活習慣の見直し

・便意があったら、すぐにトイレに行く
便意があったときに、忙しいからとトイレに行くのを
後回しにしていると、便意が起きにくくなってしまいます。

 

 

・決まった時間にトイレに行く
便意が無くても決まった時間にトイレに行っていると、
体が自然と排便のリズムを作ってくれます。トイレに
行く時間は、大腸が一番活発に動く朝、それも朝食を
食べた後が最適です。

 

 

・食生活の見直し
便秘解消には食物繊維が欠かせません。食物繊維を摂る
と便の量が増えたり、便が柔らかくなったりするので
排便がスムーズになります。

 

 

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。この
2種類をバランスよく摂ってください。
不溶性は、キャベツやごぼうなどの野菜類、大豆などの
豆類に多く含まれています。

 

 

水溶性は、わかめやひじきなどの海藻類、プルーンや
キウイなどの果物類に多く含まれています。

 

 

軽い運動を行う
高齢者が便秘になる大きな原因が、腹筋などお腹周りの
筋力低下です。お腹周りの筋肉は、大腸を圧迫して、
排便を促しています。

 

 

高齢者がお腹周りの筋肉を鍛えるためには、ウォーキング
が効果的です。1日30分が理想ですが、始めは少し
ずつで大丈夫です。体力がついてくれば自然と時間は
伸びてきます。