ソルドール,下剤,飲み方

ソルドールの連用は避ける|下剤依存症が無いと排便できなくなる

ソルドールの原料はセンナというマメ科の植物です。
植物なので体に優しい感じがしますが、実はそうでは
ありません。センナは大腸にとって毒物なので、入って
くると少しでも早く排泄しようと活発に動きます。

 

 

この動きにより、腸に溜まった便が一緒に排泄されます。
効果は服用後8時間〜12時間後に現れます。夜寝る前に
飲んで、翌朝に排便するという流れです。しかし、毎回
同じ時間に便意が起こるとは限らないので、休日に服用
するという人も多いです。

 

 

ソルドールは副作用の少ない薬なのですが、腹痛や吐き気
などが起こることがあります。また、気をつけなくては
いけないのが連用です。

 

 

服用し始めたころはスッキリ出来るのですが、連用すると、
体が慣れてしまい、スッキリしにくくなります。すると、
スッキリするためにソルドールを飲む量がどんどん増えて
しまいます。

 

 

ソルドールを飲む量が増えると、下剤がないと排便出来ない
下剤依存症に陥ってしまう事があります。下剤は便秘を
改善する薬ではないので、下剤だけに頼ってはいけません。
生活習慣、食生活の改善、運動をしっかり行い、お腹が
張って辛いときに、下剤を服用してください。