コロコロウンチ,下痢,繰り返す

コロコロウンチしか出なかったのに突然下痢に|腸に負担をかけない

便秘と下痢を繰り返すのも便秘の一種です。
コロコロウンチしか出なくて苦しんでいたのに、
突然、下痢になってしまいます。このような便秘を
けいれん性便秘と言います。

 

 

精神的なストレスや夜更かしなど生活習慣の乱れが原因
で、大腸の動きが狂ってしまいます。

 

 

このような便秘の時には、大腸に刺激を与えてしまう
食べ物は避けてください。唐辛子などの刺激物、ニンニク、
アルコールはもちろん、便秘解消に効果のあるとされる
食物繊維にも気をつけてください。

 

 

食物繊維には、2種類あります。野菜や根菜類、玄米
などにたくさん含まれている不溶性食物繊維と海藻類や
果物に多く含まれている水溶性食物繊維です。

 

 

不溶性食物繊維は、大腸を刺激して、動きを活発にする
働きがあります。大腸の動きが低下しているときには、
効果的なのですが、大腸が過敏になっているときには、
逆効果になってしまいます。

 

 

水溶性食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になり、便を
柔らかくする働きがあります。けいれん性便秘になった
ときには、不溶性食物繊維を避けて、水溶性食物繊維を
積極的に取ってください。

 

 

また、食べ物は良く噛んで食べてください。噛むことで
食べ物が小さくなり、唾液としっかり混ざることで
消化がよくなり、大腸への負担が減ります。

 

 

根本的な原因であるストレスを溜め込まないことが重要
です。ストレスをゼロにすることが一番ですが、ストレス
の多い現代では難しいと思います。なので、ストレスを
受けても、早めに解消してください。

 

 

趣味をしたり、湯船にゆっくり入ったり、軽い運動で汗を
流すことも効果的です。
早寝早起き、三食をしっかり食べて、規則正しい生活を
送ることも、けいれん性便秘解消につながります。