口臭,臭い,解消

息が臭くなってきた|口臭を解消するには原因を知ることが必要

口臭はどんな人にでもありますが、あまりにきついと
人間関係にまで影響を及ぼすので、ときどき気にする
ようにしましょう。

 

 

口臭を強くしてしまう主な原因は、口の中にいる細菌
です。細菌は臭いガスを生み出してしまいます。
しっかり歯磨きを行い、6ヶ月ごとに歯医者に行って
歯石を取ってもらうと口の中が綺麗になるので、
口臭が減るかもしれません。

 

 

また、唾液の分泌が多いと、口の中が潤い、口臭を
防げます。唾液の分泌を増やすためには、食べ物を
良く噛んで食べることです。

 

 

もう1つ口臭をきつくしてしまう原因が便秘です。
排便されるはずの便が大腸の中に留まると、どんどん
腐敗し、臭いにおいのガスが発生します。

 

 

通常、大腸の中で発生したガスは、オナラとして排泄
されます。しかし、大腸の働きが悪かったり、硬く
なった便が大腸を塞いでいると、ガスは排泄されません。

 

 

行き場が無くなってしまったガスは、腸の壁から吸収
され、血液内に入り込み、肺まで運ばれます。肺は、
血液の中からガスを取り除き、呼吸の一部として、体の
外に排泄します。ガスの臭いはなくならないので、当然
呼吸も臭くなります。

 

 

口臭が気になる人は、しっかり便が出ているか気にして
みてください。3日以上便が出ていなくて、お腹の張り
がひどく、辛い人は便秘の可能性が高いです。

 

 

軽い便秘であれば、食生活や生活習慣の改善、定期的な
運動で解消できる可能性が高いです。ひどい便秘のとき
は、下座に頼ることも必要です。

 

 

ドラッグストアーには、いろいろな下剤が売ってしますが、
独自の判断で選ぶと症状が悪化してしまう可能性があり
ます。病院を受診し、医者に相談して下剤を選んでもら
いましょう。