便意があるのに,おなかの張り,便の出

便意があるのに出ない|辛いおなかの張りをスッキリさせるには

50歳を過ぎてから便秘になった、便秘が悪化した人は
多いかと思います。50歳を過ぎると便秘になってしまう
原因は大きく2つあります。1つは大腸の筋肉の衰え、
もう1つは、大腸内の善玉菌の減少です。

 

 

大腸の筋肉が弱ると、便を送り出す力が弱くなります。
すると、便は排泄されず大腸の中に長い間、留まります。
すると、大腸により水分が吸収され、硬くなり、排便が
難しくなります。このような、大腸の筋肉の衰えによる
便秘を弛緩性便秘と言います。

 

 

弛緩性便秘の特徴

  • 便意はあるのに出ない
  • お腹が張っているのに排便できない
  • おならは出るのに便は出ない

 

 

また、大腸内の善玉菌が減ることも便秘の大きな原因と
なります。大腸内に住んでいる善玉菌は、腸内環境を
整え、大腸の動きを活発にする働きがあります。
しかし、善玉菌の数は歳とともに減少してしまいます。

 

 

加齢による筋肉の衰え|弛緩性便秘を解消するには?

排便に必要なお腹周りの筋肉を鍛えることが必要です。
筋肉は年齢とともに衰えてくるので、何もしないでいると
どんどん衰え、便秘症状も改善しません。ただ、筋肉を
鍛えると言っても、辛いものである必要ありません。

 

 

毎日のウォーキングで十分です。ただし、ダラダラ歩く

だけでは、高い効果は期待できません。背筋を伸ばし、
おおなかに少し力を入れて、大きな歩幅で、うっすら
汗をかく程度のスピードで歩いてください。

 

 

時間は1日30分以上が理想的です。しかし、運動を
していない人が、いきなりは30分は難しいと思います。
出来たとしても、1、2日で終わってしまっては、
意味がないので、無理をしないことです。

 

 

1日10分くらいから始めてください。徐々に、筋肉が
付いてきて、お通じも改善してくるので、ウォーキングが
楽しくなり、自然に時間は伸びてくると思います。

 

 

 

加齢による善玉菌の減少|腸内環境を整え大腸の動きを活発にする

大腸の中には100種類以上の腸内細菌がいます。

その中には、大腸の動きを活発にする善玉菌と大腸の
動きを鈍くする悪玉菌がいます。つまり、善玉菌が多く、
悪玉菌が少ないと大腸が活発に動くため、お通じが
スムーズになります。

 

 

善玉菌は数は、赤ちゃんの頃に一番多く、年齢とともに
減少します。しかし、善玉菌を元気にして数を増やす
ことが出来る食べ物があります。それが牛乳や玉ねぎ
などに含まれるオリゴ糖です。

 

 

オリゴ糖は善玉菌の大好物。オリゴ糖を食べた善玉菌は
元気になり、数も増えます。さらに、善玉菌は悪玉菌が
苦手な酸を作り出し、悪玉菌を弱らせます。こうして、
善玉菌の数がどんどん増えます。

 

 

オリゴ糖を食べ物から取るのは大変|人気のオリゴ糖製品

 

 

お通じがスムーズになる便を作る

スッキリするためには、大腸の動きを活発にすると同時に、

柔らかい便を作ることも重要です。柔らかい便を作るには、
便に含まれる水分を増やすことが必要です。

 

 

そのためには、まず水分をこまめに摂ってください。体内の
水分が少なくなると、便から水分がどんどん吸収されて
硬くなってしまいます。

 

 

水分補給は、お茶やコーヒーなどカフェインが含まれて
いるものは避けてください。カフェインには、利尿作用が
あるため、逆に水分が排泄されてしまいます。水や麦茶
などノンカフェインの物を飲んでください。また、体を
冷やさないために、なるべく常温の飲み物にしてください。

 

 

食物繊維も大切です。ただし、間違った取り方をすると
便秘が悪化してしまうので注意してください。食物繊維には
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
この2種類をバランスよく取ることが大切です。

 

 

不溶性食物繊維は、野菜や根菜、イモ類、大豆類などに
多く含まれています。この食物繊維は、水を含むと大きく
膨らむため、便のかさが増え、大腸を刺激して排便を
促します。

 

 

水溶性食物繊維は、わかめやひじき、プルーンなどに多く
含まれています。大腸内で水に溶けると、ゼリー状になり
便の硬さを柔らかくし、すべりも良くします。

 

 

この2種類の食物繊維をバランスよく取ることで、スムーズな
排便に必要な便を作ることが出来ます。理想的な割合は
『不溶性』対『水溶性』が2対1です。また、水分をしっかり
取り、大腸の動きが活発でないと、十分な効果を発揮
出来ないので、しっかりと対策をとりましょう。

 

 

大腸の動きを活発にするにはオリゴ糖が効果的