オナラ,臭い,ガス

臭いおならがよく出る|腸内で発生するガスを減らすには

おならは、腸内で発生したガスを排泄するために起こり
ます。つまり、おならの回数が多くなるのは、腸内で
ガスがたくさん発生していることが原因です。

 

 

腸内でガスが発生する理由は、大きく分けて3つ。
1.炭酸飲料をたくさん飲んだ
2.食事をするときに、たくさんの空気を飲み込んだ
3.食べ物を分解するときにガスが発生

 

 

1、2はおならの回数が増えても、おならの臭いは
ほとんどありません。そして、炭酸飲料を飲みすぎない、
食事はよく噛んで、食べ物と唾液をよく混ぜて、ガスを
しっかり抜けばおならの回数は減らせます。

 

 

食べ物を分解するときに発生するガスは、食べ物に
よって臭いが変わります。

 

 

イモ類や豆類などの炭水化物は、分解されるとそれほど
臭くないガスが発生します。
肉や卵などのたんぱく質は、分解されると強烈な臭いの
ガスが発生します。
油などの脂肪は、分解されると汗の臭いに似た臭いの
ガスが発生します。

 

 

つまり、臭いの強いオナラは、肉や卵などたんぱく質を
食べたときに多く出ます。食事内容を見直して、肉や
卵などを減らして、野菜中心にすると臭いオナラを
減らすことができます。

 

 

また、たんぱく質ではないのですが、にんにくやネギなど
臭いの強い食べ物を食べることでもオナラは臭くなる
ので、食べすぎには注意してください。

 

 

便秘になると臭いおならが増える

便秘により、腸内に食べ物が長時間留まると臭いオナラ
の回数が増えます。腸内に食べ物が長い間留まると、
分解がどんどん進み、たくさんのガスが発生します。さらに
腐敗まで起こってしまい、たくさん臭いガスが発生します。

 

 

臭いガスの発生を防ぐには、食べ物が腸内に留まる
時間を減らすことが必要です。そのためには、以下の
方法が有効です。

 

 

・水分をこまめに取り、便をやわらかく保つ
・食物繊維を多めに取り、排便をスムーズにする
・ウォーキングなどを行い、腸の動きを活発にする。
・湯船につかり体をしっかり温める
 (内臓が温まると、腸の動きが活発になります。)
・乳酸菌(善玉菌)を多く含むヨーグルトや発酵食品を
 食べて善玉菌を増やし、腸内環境を整える

 

 

外から取り入れた善玉菌(乳酸菌など)は、腸に異物と
見なされ排泄してしまうので、毎日取り入れることが
必要です。

 

 

腸内の善玉菌を増やし、しっかり定着させるには、外から
取り入れるのではなく、すでに腸内にいる善玉菌を元気に
して、数を増やすことが必要です。

 

 

腸内にいる善玉菌を元気にするにはオリゴ糖

オリゴ糖は、善玉菌の1つビフィズス菌の大好物。
オリゴ糖を取ると、ビフィズス菌は元気になり、数も増加
します。

 

 

オリゴ糖を含む食べ物には、大豆、たまねぎ、キャベツ、
蜂蜜、バナナなどがありますが、その量はわずかです。
そこで便利なのがカイテキオリゴです。

 

 

オリゴ糖といえば、シロップ状のものを想像する方が
多いと思いますが。カイテキオリゴは、粉末状です。
シロップ状のものには、添加物が入っていて、オリゴ糖
自体は約30%です。カイテキオリゴは、粉末状で
成分のほぼ100%がオリゴ糖なので、発揮する効果が
違います。