糖尿病,便秘,血糖値

糖尿病による便秘|血糖値の上昇を防ぎながらできる方法

大腸の動きは、自律神経により制御されています。
糖尿病は、その自律神経にも障害を引き起こし、大腸の
動きを抑えてしまいます。大腸が動くことによって便を
肛門まで送り排泄するのですが、大腸の動きが悪くなる
と、腸に便が溜まり便秘になります。

 

 

そして、便秘は糖尿病を悪化させてしまいます。食べた
ものが大腸の中に留まる時間が長くなると、糖類の吸収
が高まり、血糖値が上がり、糖尿病が悪化してしまい
ます。糖尿病が便秘を引き起こし、便秘が糖尿病を悪化
させるという悪循環にはまってしまいます。

 

 

 

糖尿病を原因とする便秘の解消法

糖尿病により引き起こされている便秘とは長い付き合い
になるので、便秘薬のように長期間使っていると効果が
低下するものは向いていません。

 

 

便秘薬を長期間使っていると体が慣れてしまい、徐々に
効果が低下します。効果が減るので便秘薬を飲む量が
増えてしまい、最終的には薬がないと出ない下剤依存症
になってしまうことがあります。お腹が張って辛くて
我慢できないときに以外は、使わないほうが良いかも
しれません。

 

 

 

また、糖尿病になると食事制限が課せられます。食事が
制限されると、便の量が減ってしまい、便意が起きずらく
なるので、便秘が悪化します。

 

 

以上のことを考慮すると、糖尿病による便秘解消法は

  1. 長期間使っていても効果が低下しない
  2. 便の量を増やしてくれる
  3. 血糖値を急激に上げない

このような条件を満たしてくれるものが理想です。

 

 

この条件を満たしてくれるのが、食物繊維です。

  • 食物繊維を多く含んでいる野菜や海藻類は、低カロリー
    が多い。
  • 食物繊維は硬いので、よく噛んで食べるようになり、
  • 食事がゆっくりになり、血糖値の上昇がゆるやかになる。
  • 食物繊維は人間の体内では消化吸収されないので、
    便の量が増える。
  • 食物繊維は水を吸収するので、便を柔らかく保つ。
  • 大腸により栄養素が吸収される時間を遅らせる作用が
    あるので、急激な血糖値上昇を防ぐ。

 

 

便秘は、糖尿病により引き起こされますが、糖尿病を
悪化させてしまうので、しっかりと対策してください。
糖尿病の食事療法でバランスの取れた食事をしながらも
しっかりと食物繊維をとってください。